社会保険労務士法人 協心

協心グループ

心の底から湧き出る動機

 「テストで100点を取ったら、お小遣いをあげるからね!」親からこんな声をかけられたことはありませんか?小学生の頃によく友達が「ファミコンソフト買いたいから、今度のテスト頑張らなきゃ!」と言っていたのを覚えています。私は幸か不幸かそんな経験はありませんでしたが、お小遣いもらえるなんて羨ましいな~とよく思ったものです。  しかし今では、子育てや教育にあたって「何らかのご褒美を提示して何かをやら... もっと読む

決断

 つい先日のことですが、今までに前例の無いまるでマンガのようなサッカーの試合がおこなわれました。サッカーファンの私からするとまさにドリームマッチ。そうです、日本代表対U-24代表(五輪代表)の試合です。  当初予定されていた日本代表の対戦相手であるジャマイカ代表が来日することができなかったため、代替試合として行われたのですが試合内容も実に見応えがありました。  なぜこの試合が注目の一戦... もっと読む

進化による退化

 2022年卒業予定の学生の就職活動が佳境にさしかかりました。一応ルールでは面接等の選考活動の解禁日は6月1日ですが、とりわけ大手企業は同日にかなりの内定通知を出します。あってないようなルールですがまあそれは置いといて、コロナ騒動から2年目となる今年は企業、学生の双方でオンライン対応が浸透し、今やお手のものといった感じでしょうか。  そんな中、割と多くの学生が戸惑いや不安に感じていることが対... もっと読む

舐めてません

 先日、近所のスーパーマーケットに食料品を買いに行ったときのことです。ひとしきり買い物を終え、支払いを済ませてお店を出ようと出口付近にある「お客様の声」がはられた掲示板の前を通り過ぎたのですが、ちょうどその瞬間、私の視界の端に何か違和感のようなものを感じました。その違和感の正体を突き止めるためすぐに掲示板の前に戻ります。   そこにはなぐり書きのような文字で、このような投書が書かれてありました。... もっと読む

エンゲージメントカンパニーへ

 人事の世界で最近よく聞く言葉といえば、「ジョブ型」「1on1」に続いて「エンゲージメント」がありますが、皆さまも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。エンゲージと聞くとなんとなく結婚のイメージがあり、私も5年ほど前に初めて聞いたときには、人事部主導の社内結婚政策か何かのことかと勘違いしていました…  エンゲージメントとは、一言で言うと「つながり」です。労働者が組織の掲げるビジョンに... もっと読む

やり抜く力

 4月になり新入社員を迎えた会社も多いのではないでしょうか。今年入社した方はコロナ禍で制限が多い中での就職活動ということでさぞかし大変だったと思います。しかし、困難に立ち向かったその経験を糧に新社会人として是非とも頑張って頂きたいものです。  最近、元プロ野球選手のイチローさんが社長だったら採用面接でどんな質問をするか、ということが話題となっていましたね。イチロー社長の質問は、「人の悪口を言... もっと読む

最適を模索する

 新年度がスタートしました。街中では真新しいスーツに身を包んだ、おそらく新人研修中と思われる若者の団体を見かける機会も増えましたが、その初々しさにこちらも気分が上がります。ただでさえ期待と不安が交錯する時期に加えてコロナ禍でのスタート。不安のほうが大きいかもしれないですが、明るい未来を信じて是非とも社会人生活を謳歌してほしいと思います。  そんな新たな年度が始まるちょうど1週間前、東京オリン... もっと読む

お気に入りを脱ぎ捨てよう

 服を買うならここのブランド、靴はこのメーカーのもの、レストランならこのお店…そのような皆さんの「お気に入り」はありますか?  いろいろな商品やサービスを購入・消費していくうちにそのようなお気に入りが生まれてくることがあります。「ここのを知ったら他は使えないよね」や「このお店だったら間違いない」という具合に。実は私にもそういった傾向があるのですが、ある時ふと、これではいけないな…と思ったので... もっと読む

齢を重ねる

 「○○すれば○○歳若返る!」こんなフレーズを一度は目にしたことがあるでしょう。若さを求めた様々な健康法や雑誌が世にあふれていますね。「若さ」への執着なのか、あるいは「老いる」事実への拒否なのかは分かりませんが、最近はこの傾向が特に強い気がします。  人事の世界においても、年齢に対する対応は顕著です。今まで主流だった年齢給・勤続給は続々と廃止され、実力主義・成果主義へとシフトしています。業績... もっと読む

存在を認める

 最近Clubhouse(クラブハウス)というものが話題になっているそうで、はじめに耳にしたときはダンスをしたりする場所のことかと思いましたが、どうやら新しいSNSアプリであるということで、Instagram(インスタグラム)やTikTok(ティックトック)といったSNSアプリが次から次に出てくるので、時代においていかれないよう必死です。  これらは自分のことを世に発信できるということで、若... もっと読む
プライバシーポリシー 個人情報の取り扱いについて