新年の抱負

支店長コラム

 皆様新年あけましておめでとうございます。新しい年を迎え、皆さんの中には新年の抱負や目標等を新たに立てて、よし今年はやるぞと意気込んでいる方がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

 昨年末、私も「来年の目標は何にしようか」等となんとなく考えていたのですがそんな中、家でネットをぼんやりと眺めていたときに目に留まった言葉を今日は紹介したいと思います。

 ひとつめは、「来年は○○をやろう、なんて思うくらいなら今から始めろ。今できないものがどうして来年できるのか」というものでした。正確な言葉は覚えていませんが、だいたいの意味はこんな感じだったと思います。

 もうひとつは、「新年の誓いや志を誰かに言ったり、周囲に公言したりすることは、ほどほどにしたらいい。そのような誓いや志を立てることだけで脳が満足してしまって、案外その後なにもしないからだ」というものです。実はこの言葉の前に「新年だから気持ちも新たに、というようなナイーヴさを強く信じること自体が少し脆弱」とあるのですが、これもなかなかインパクトがありますね。ある脳科学者の言葉です。

 さて、上で紹介した言葉はどちらも私にとって心当たりがありすぎて、なるほどそれで今まで新年の目標が達成されないことの方が多かったのかと(恥ずかしながら)思い切り膝を打ってしまいました。

 そんなわけで今年の抱負はありません!と言いたいところですが…
実はこっそり決めてあります。が、それをここで公表して、うっかり脳を満足させないようにしたいと思います。

 最後になりましたが、新しき年、協心職員一同、四方笑顔を忘れず百年企業づくりのお手伝いに精一杯取り組んで参ります。本年もどうぞよろしくお願い致します。


 

兵庫支店長 増尾 倫能