社会保険労務士法人 協心

協心グループ

日常にいいね!を

支店長コラム

 皆さんはフェイスブックやインスタグラムといったSNSは利用していますか?私もインスタグラムに投稿することがあります。利用し始めて随分経ちますが、昔の投稿をコメントとともに見返すと、当時の記憶や思い出が蘇ってくるものですね。

 私はどうして何年もインスタグラムを飽きずに利用(投稿)しているのでしょうか。利用されている皆さんは是非ご自身に置き換えて考えてみてください。ずっと続けている、一体その原動力は何でしょう。

 例えば、SNSから「いいね!」がなくなってしまったとしたらどうでしょうか。さらにコメント機能も、誰が自分の投稿を見てくれたのかを知る足跡機能もありません。そんなSNSを想像してみてください。きっとそんな世界ではおそらく誰も熱心に投稿しなくなるのではないでしょうか。少なくとも私はしません。

 そうなんです。言うまでもなく多くの人は「いいね!」のために投稿するのです。1人でもいい。誰かが「いいね!」と押してくれるから、今日もせっせと写真を撮って投稿するのです。そこにはきちんとした手応えがある。

 それはなにもSNSに限った話ではありません。みなさんの職場でも同じことが言えると思います。つまり、自分の仕事に対する上司やお客様からのポジティブなフィードバックがあれば、やりがいを感じたり、仕事を面白く感じたりしやすくなるというわけですね。

 「ありがとう」「助かるよ」という感謝の言葉、「よく頑張ったね」というねぎらいの言葉、あるいは「素晴らしい!」と褒めてみるのも良いことですね。そんな、いいね!を日常にどんどん取り入れてみてはいかがでしょうか。

兵庫支店長 増尾 倫能

カテゴリー

アーカイブ

プライバシーポリシー 個人情報の取り扱いについて